胎児の頭が大きいので、帝王切開で出産しました

上の子の妊娠9か月頃の検診時に、担当医から「胎児の頭が大きいので帝王切開になるかも。」と言われ、驚きました。初めての妊娠で、ただイメージで自然分娩で産むものと思い込んでいただけに、私は目を丸くしていたと思います。続けて、担当医が「胎児の頭が大きいと、難産になってしまう可能性が高くて。帝王切開って、不安があるかもしれないけど、大丈夫。赤ちゃんが産まれてくるときに、しんどくないようにしましょう。」と優しく諭されました。

そう言われて納得しました。確かに、私は他人より頭が大きいのです。頭にあった帽子を探すのも至難の業。不妊専門病院から引き続き、妊婦検診もお世話になっていた医師だったので、迷いはありませんでした。胎児の頭が大きい、イコール障害、または水頭症など不安がよぎるかたも多いと思います。しかし、私は担当医から何も言われませんで
したし、出産まで順調にお腹の中で育っていきました。

実際、産まれてきた子供は、やはり頭が大きく、生後1か月検診でも頭囲を念入りに測定されました。念のため、頭の大きさを診たいからと言われ、生後2か月の時にも診てもらいました。やはり異常なし。現在、そんな我が家の息子は小学1年生ですが、小学校指定の帽子も3L。購入時にこれより大きいのはないんです、と販売スタッフの方に言われたほど。胎児の頭が大きいと言われ、心配されているお母さん。こんな頭の大きい子供もいます。

 

AFC クリーム

 

 

Categories: 妊娠、出産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です